>  > もういいかなって気持ちの次に風俗

もういいかなって気持ちの次に風俗

ギャンブルが好きなんですよ。だからギャンブルを利用する機会はかなり多いです。休日は大抵ギャンブルな自分なんですけど、ギャンブルは必ず勝てるって保証がある訳じゃないんです。だからどうすべきなのかでかなり悩むこともあるんですけど、もういいかなっていうか、勝っている時にはどこで終えるのかが大切になってくると思うんですよね。そんな時には風俗に行くんですよ(笑)ポリシーとして、尾金は天下の回り物だと思っています。だから、ギャンブルで貯めこんでも仕方ないというか、ギャンブルでの勝利は、言うなれば自分の稼いだお金、つまりは勝利ではないとも思うので、そのお金は風俗につぎ込むことが多いですね。その方が単純に気持ちも晴れますし、また頑張ろうって気持ちになるんですよね(笑)むしろ風俗のためにギャンブルを頑張っているといっても決して過言ではないかなってくらいなんです。勝利の美酒に酔いしれつつの風俗は、最高の時間です。

話術なんて無用ですよ

風俗では女の子と距離を縮めることも大切だとは思いますけど、ただ距離を縮めるのはさほど難しいことではないですね。コミュニケーションは大切ですけど、一方的じゃないんです。合コンだったら相手が全然乗り気じゃなくて盛り上げないと仕方ない時もありますけど、風俗では女の子だってお客を楽しませなければって気持ちがあるんです。だから無理に頑張ろうとする必要もないですし、更に言えば別に話術だって必要ないんじゃないかなって思いますよ。あるに越したことはありませんが、なければないでそこまで困るようなものではないんじゃないかなとも思うので、風俗を楽しみたいのであれば自分の好きなように、気の赴くままに女の子と話すくらいで丁度良いんじゃないかなって思いますけどね(笑)むしろそのくらい気軽な方が女の子だって話やすいと思いますよ。女の子にしたって緊張感とかあるんです。それを上手くフォローしてあげるのが男の役割なんじゃないかなと。

[ 2017-05-27 ]

カテゴリ: 風俗体験談